外国人技能実習制度
外国人技能実習制度(サイトトップ

『外国人技能実習制度』『外国人建設就労者受入事業』を活用しての国際貢献から、海外への事業展開をお考えの企業様向けに、海外実習生の受入れ支援を行っている協同組合です。

受入れ対象となる職種


滞在期間

  ・上記職種で受入れた場合は最長3年間。それ以外は入国管理局の許可を得た場合に限り1年以内となります。


受入れ対象となる職種


その他

  ・技能実習指導員の配置 (技能実習生が習得する技能等について5年以上の経験を有する常勤の従業員)
  ・生活指導員の配置
  ・技能実習生用宿舎の提供 (最低でも6畳に2人目安/台所・トイレ・シャワー設備/寝具・調理器具・食器など)

費用

  ・出資金・・・・・申込み時1口1万円 (技能実習生が習得する技能等について5年以上の経験を有する常勤の従業員)
  ・入会金・・・・・1万円 (1社あたりの金額です)
  ・月会費・・・・・1万円 (入会した翌月より)

技能実習生受入れの流れ

・組合へのお支払い額は、技能実習生1人につき月額120,000円です。

  ※技能実習生は入国後約1ヶ月間の講習を受講し、講習終了後受入れ企業へ配属となります。
  ※技能実習生には組合より講習手当を支給します。
・技能実習生は労働者扱いとなるため、賃金は本人に直接お支払いください。
  技能実習生には労働基準法、労働安全衛生法、最低賃金などの労働関係法令が適用されます。

・組合には管理費として45,000円を別途お支払いください。
 (送出し機関などの諸費用を含みます)
・資本金3億円以上の企業         年額  300,000円
・上記以外の資本金3,000万円以上の企業  年額    75,000円
・上記以外の資本金3,000万円未満の企業  年額    50,000円

技能実習生受入れの流れ


 
  【建設就労者】 継続2年間 / 帰国後1年以上の者は再入国3年間 / 帰国後1年以下の者は再入国2年間


技能実習生受入れ国

   中華人民共和国・ベトナム・インドネシア・タイ・フィリピン・ミャンマー・カンボジア